丹波篠山にある若者の交流の場
交流館「しゃべり場」に お話しに 来ませんか?  
メインメニュー
最近の日々あれこれ
最近のコメント
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
月別過去ログ
カレンダー
2009年 2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

2009年2月28日(土曜日)

血が騒ぐ

カテゴリー: - 193 @ 17時39分16秒

 2月27日(金)今日午前中は、心療内科の診察日。居場所を始めた頃、まだ経験も少なく、大変な問題を抱えた子供たちとの対応で、様々なトラブルが続き「睡眠薬」がなくては寝られなくなっているので薬をもらいに・・・。

 居場所に来てくれる子供たちも薬が必要な子が多く居る。その子供たちの薬の症状を知りたくて、睡眠薬の種類による症状を体感するために、先生に事情を説明して、また薬を変えてもらった。(今回はマイスリー) 夜は交流館のカウンセリングの日です。前日、体調を崩しながらの登山で疲れが残っているので昼間はゆっくりと体を休めるつもりでしたが・・・。

朝、外の景色を見るとうっすらと雪化粧をしている。予期していない雪に、今年最後かも知れないと思ったら、ジッとしていられなくなって、足が勝手に山に向かっている。何故か?雪を見ると血が騒ぐ感じ・・・

今回は、前に住んでいた家の裏山で、名所にもなっている金山(こんざん)に登った。

19  21

22   23

  雨混じりのみぞれと、木から落ちてくる雪解けのしずくで外から濡れて、汗で中から濡れて気持ちが悪い。なんで、こんなにしんどいことなのに、行動してしまうのだろう。夜のカウンセリングの時間はフラフラ気分でした。

 山の中に、熊・ペンギン・アザラシが出現?

 26  24

     雪が少なくて雪集めに時間をかけたけれど、けっこうリアルに出来たよ。この時間は楽しかった。

25  20

  夜のカウンセリングが終わり、帰宅して今日は新しい薬「マイスリー」を服用して布団に入ったが、まったく眠気が来ない。朝5時まで布団の中で我慢していたが、寝られないので居間に移動してコタツの中で2時間ほどは寝たかな・・・。さすがに今日は晴天の絶好の山日和だったけれど、家でごろごろしながら過ごしている。

明日3月1日(日)はイベントだよ。(ボーリングとカラオケ)詳細は予定表で確認を。

日はこれまで服用しているサイレースでしっかりと寝てハッスルするぞ・・・みんな来てね。

   

 


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/105


2009年2月27日(金曜日)

千ガ峰

カテゴリー: - 193 @ 09時16分41秒

今日(金曜日)はカウセリング、そして、日曜日はイベントだよ。

 

 2日続きで深い、内容の濃い相談が続き、風邪の頭痛など吹っ飛んでしまうような状態が続きました。昨日(木曜日)は、Yくんから山行きの誘いがあり、寝不足と風邪気味の中、迷うことなく「レッツGO」。この近くで一番高い山「千ガ峰」1005mを「山行きトリオ」3人で出かける。 

駐車場から10分ほどから、約1kmほどの谷筋は、雪解け水で水量豊富な滝の連続です。

11  12

 滝の絶景と水音に興奮しながら、道から外れて写真撮影に夢中になる。

 14  15

20  21

大小、様々な滝を撮りながら、雌滝と雄滝に到着。この地点で足がフラフラ・・・。(標高550m)

19   13

しばらく谷筋が続き、一挙に尾根道にあがり、頂上をめざして急登が始まる。あえぎあえぎ、山頂に・・・。

16   17

視界360度の絶景ながら霞がかかって見晴らしは今ひとつかな・・・。先日までの雨続きにもかかわらず、北斜面には、少し雪が残っていたので、例のごとく雪遊びをして帰路に着く。

18

 夜は、講演会を聞きに行く予定が入っていたけれど、下山は遅れるし、何回も何回もひっくり返って、服はドロドロ、靴の中は水びたし、お腹はペコペコで、講演会は断念して、W家の家族を誘ってジョイフルに直行。ガッッリと食事にむしゃぶりつきました。この心地の良い疲れ、誘ってくれたYくんに感謝しょうかな?


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/104


2009年2月23日(月曜日)

イベントと講演会

カテゴリー: - 193 @ 23時46分40秒

  3月1日(日) ボーリングカラオケ 

予定(予測)時間 PM2:00〜3:30ボーリング  3:40〜カラオケ 7:00〜交流館で夕食

参加希望の所だけの参加OKです。もちろん、見てるだけでもOKだよ。(参加費実費負担)

2  1

 

 3月15日 講演会 

地域ビジョン委員会「青少年グループ」で講演会をします。2部では少人数の分科会に分かれて△鮖笋進行役

を担当します。若者たちの話も聞きたいと要望も受けているので、思い切って参加して下さいね。

手伝いのお願い・・・当日は12時30分に交流館を出発して、会場準備の手伝いをします。

講演会終了後は、交流館でおいしいものを食べながら 打ち上げをします。(無料)

3

4


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/103


2009年2月19日(木曜日)

風邪なんかに負けるかぁ〜

カテゴリー: - 193 @ 16時14分22秒

アウトリーチ神戸の藤本さんから、2月15日「講演会の」

毎日新聞の記事のコピーを送信して戴きました。

725 

2月は、交流館の改装、7日は姫路からの交流館見学・8日は神戸で講演会の打ち合わせ・そして、13日は「教職員組合のひきこもり勉強会」に招いてもらい、15日は神戸で「ほっとねっとの講演会」と準備で大忙し・・・。

 大好きな山行きは封印していました。しかし、17日に寒波が来て、もしかしたら、今年最後の雪かもしれないと思い、風邪で微熱があるにもかかわらず、行っちゃいました。o(^◇^)o

町の中には雪はありません。午前中かけて雪のある場所探しをして、標高550mの峠でやっと雪に出会って、

まずは、昼食に鍋焼きうどんで体を暖めて「雪遊び」です。

710  711

   約2時間、夢中で滑り、左足の膝を打撲。左手の肘を擦り傷。右手をねじって軽い捻挫? スキーは何度ひっくり返ったことか・・・。(写真で見るよりずっと急斜面です)

712  713

今回はスヌーピーを作るつもりだったが、体力不足で山の斜面に落書きして帰る。

714

18日は西脇の親の会(一応アドバイザーとなっているので)。親の会は夜なので、それまでに山に行きたいとWくんからの誘い。Nくんと1時半に西脇に到着。いまから八千代町の笠形山(939m)に行くと云う。

風邪なんかいっていられない。

715

前に行った時は水量がすごかったけれど今回は少しさみしいけれど立派な滝。この谷筋から山登りが始まる。

716 721 

いつものように、Wくんは途中でクワガタさがしで横道に・・・。Nくんと2人でツララの下がっている氷点下の山頂を目指して登り続ける。汗でシャツはビッショリ。暗くなりかける5時ごろ下山したがWくんが降りて来ない。718717

 携帯は圏外で連絡方法がない。少し不安になり、Nくんの思いつきで車のホーンを鳴らし続けてたら下山してきた。目当てのクワガタが見つかって夢中だったらしい。親の会に遅れるので急いで帰路につく。

親の会が終わって帰り道・・・。

723

 

前回の記事↓

2月15日・・・「ひきこもりシンポジューム」 

 兵庫県下、ひきこもり支援15団体のネットワーク「ほっとねっと兵庫」が主催する第一回目の講演会が無事にすみました。参加者総数が170人を突破。予想をはるかに超える方々に参加をしていただき、資料が足りなくなったり、椅子が足りなくなったり、関係者は大慌てする場面もありました。

707

 そして、前半第一部、「体験発表」の人選と進行役の大任をまかされました。若者たちの緊張しながら人前に出て、しかも、本人とって苦しい体験談、嫌な体験談を話してくれ、参加者の多くの人の心に響いてもらえた実感を感じることが出来ました。私にとっては100%、いや、120%の満足と充実感を得ることが出来ました。

706

「ひきこもった理由」・「その時の苦しみ」・「外に出るきっかけ」・「今、壇上にいる心境」

「諦めかけてた希望」・「支えになってくれたもの(人)」・「社会(周囲)に望むこと」

 Kさんは、Kさんの苦しい時を支えてくれた一つであるフルートを演奏してくれて、参加者に大きな感動を与えてくれました。Yくんは、ひきこもって家に居いる時の家族の目に対する不安を、Mくんは神戸から初参加してくれて、ひきこもっている時の心境や、社会参加を諦めかけていた時の様子など、参加者の多くのみなさんの心に分かりやすく届けてくれました。会場からの若者のOくん・S君・U(私の娘)も、マイクを握ってくれました。特に、姫路のOくんには、連絡係を頼んだり、当日、突然話をしてくれることを頼んだりして、世話になりました。

 社会に対しての質問に、Nくんは・・・「こんな僕でもいいんですか?」と云う言葉を投げかけてくれました。この言葉には大きな 深い意味を感じました。ひきもってる多くの若者たちは『自己否定』に陥っています。社会が・・・、大人が・・・、「そのままのあなたでいいよ」と云ってくれたら、そのように感じられる社会になったら、
 すべての人にとって、生きやすい、居心地の良い 社会になるのではないでしょうか

709  710

2部は、「訪問支援」「家族支援」「若者支援」「就職支援」をされている団体とユースケアネットの小林先生とのパネルディスカッションがあって、本当に様々な支援があり、様々な支援が必要なことを感じました。全国でもめずらしく、全県下の民間の支援団体が「ネットワーク」を組むことの意義、大切さを改めて感じました。

 当日、これまでの「体験発表」のDVDと、交流館「しゃべり場」の活動DVDを2枚セットで販売。約40名のみなさんにご協力をいただいて、その売り上げ(カンパ)金の純益を、若者たちとの2次会に使わせていただきました。若者たちを中心に18名が参加してくれて、結構な食事とドリンク(デザート)をいただきながら、日ごろは出来ないような中身の濃い話だったり、多方面(京都・神戸・姫路・明石・西脇・篠山・多可郡)からの若者たちの交流が出来ました。

 会場には、勇気をもって参加してくれた若者たちが、他にも数名いました。今回は会場に参加したくても参加できなかった若者たちも多くいると思います。その人 その人の一歩をゆっくりと歩み、自分以外の人たちとの交流の喜びを、どこかで見つけてくれたらうれしい。大人は支援団体のネットワークが出来ました。今年は若者たちのゆるやかな出会いの場を若者たちと一緒に考えて行きたいと考えています。

当日発表してくれた○○くんからのメール 
 

こちらこそお疲れさまでした。楽しかったです。最初は迷っていましたが、発表する機会を与えて頂いたことに感謝しています。また一歩自分の中で成長できたような、そんな充実した一日でした。
また、何かしゃべり場の皆と楽しいことに挑戦できたらと思います。ありがとうございました。 
 

こんなうれしいメールがもらえることがあるから、この活動を続けていけるのです。 井上


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/102


2009年2月16日(月曜日)

体験発表

カテゴリー: - 193 @ 09時07分02秒

2月15日・・・「ひきこもりシンポジューム」 

 兵庫県下、ひきこもり支援15団体のネットワーク「ほっとねっと兵庫」が主催する第一回目の講演会が無事にすみました。参加者総数が170人を突破。予想をはるかに超える方々に参加をしていただき、資料が足りなくなったり、椅子が足りなくなったり、関係者は大慌てする場面もありました。

707

 そして、前半第一部、「体験発表」の人選と進行役の大任をまかされました。若者たちの緊張しながら人前に出て、しかも、本人とって苦しい体験談、嫌な体験談を話してくれ、参加者の多くの人の心に響いてもらえた実感を感じることが出来ました。私にとっては100%、いや、120%の満足と充実感を得ることが出来ました。

706

「ひきこもった理由」・「その時の苦しみ」・「外に出るきっかけ」・「今、壇上にいる心境」

「諦めかけてた希望」・「支えになってくれたもの(人)」・「社会(周囲)に望むこと」

 Kさんは、Kさんの苦しい時を支えてくれた一つであるフルートを演奏してくれて、参加者に大きな感動を与えてくれました。Yくんは、ひきこもって家に居いる時の家族の目に対する不安を、Mくんは神戸から初参加してくれて、ひきこもっている時の心境や、社会参加を諦めかけていた時の様子など、参加者の多くのみなさんの心に分かりやすく届けてくれました。会場からの若者のOくん・S君・U(私の娘)も、マイクを握ってくれました。特に、姫路のOくんには、連絡係を頼んだり、当日、突然話をしてくれることを頼んだりして、世話になりました。

 社会に対しての質問に、Nくんは・・・「こんな僕でもいいんですか?」と云う言葉を投げかけてくれました。この言葉には大きな 深い意味を感じました。ひきもってる多くの若者たちは『自己否定』に陥っています。社会が・・・、大人が・・・、「そのままのあなたでいいよ」と云ってくれたら、そのように感じられる社会になったら、
 すべての人にとって、生きやすい、居心地の良い 社会になるのではないでしょうか

709  710

2部は、「訪問支援」「家族支援」「若者支援」「就職支援」をされている団体とユースケアネットの小林先生とのパネルディスカッションがあって、本当に様々な支援があり、様々な支援が必要なことを感じました。全国でもめずらしく、全県下の民間の支援団体が「ネットワーク」を組むことの意義、大切さを改めて感じました。

 当日、これまでの「体験発表」のDVDと、交流館「しゃべり場」の活動DVDを2枚セットで販売。約40名のみなさんにご協力をいただいて、その売り上げ(カンパ)金の純益を、若者たちとの2次会に使わせていただきました。若者たちを中心に18名が参加してくれて、結構な食事とドリンク(デザート)をいただきながら、日ごろは出来ないような中身の濃い話だったり、多方面(京都・神戸・姫路・明石・西脇・篠山・多可郡)からの若者たちの交流が出来ました。

 会場には、勇気をもって参加してくれた若者たちが、他にも数名いました。今回は会場に参加したくても参加できなかった若者たちも多くいると思います。その人 その人の一歩をゆっくりと歩み、自分以外の人たちとの交流の喜びを、どこかで見つけてくれたらうれしい。大人は支援団体のネットワークが出来ました。今年は若者たちのゆるやかな出会いの場を若者たちと一緒に考えて行きたいと考えています。

当日発表してくれた○○くんからのメール 
 

こちらこそお疲れさまでした。楽しかったです。最初は迷っていましたが、発表する機会を与えて頂いたことに感謝しています。また一歩自分の中で成長できたような、そんな充実した一日でした。
また、何かしゃべり場の皆と楽しいことに挑戦できたらと思います。ありがとうございました。 
 

こんなうれしいメールがもらえることがあるから、この活動を続けていけるのです。 井上

***********************************************************************************

下記は、フルートを演奏してくれたKさんのブログを、本人の了解を得て掲載しました。

今日はいよいよの講演会の日でした。引きこもりのシンポジウムでした。わたしは体験者として数人と体験発表しました。
お話するだけでも、ものすごい!上がり症のわたしには一大事。その上、習っているフルートの演奏もさせて貰う事になっていました。


        今日、一番?(色々あるけど)の収穫だったかもしれません。
 

年配の女の人に、「フルート良かったです」とか「何ていう曲だったんですか?」とか色々話しかけて頂いた事。
最後に受付に立っていると、もう一回フルートが良かったと丁寧に言って頂きました。もう一人、おじいさんにも。
帰りの車で、自分の演奏を聴いて貰って生の良かったという感想を聞かせてもらう。本当に嬉しい事です・・・

   今日、人前に立った事は、わたしの中の貴重な経験になったと思います。


 講演会が終わってからは、しゃべり場の友達やほとんど初対面の方達とファミレスへ!
今日はダイエットを忘れて、好きな物を存分食べました(^m^)勿論、チョコパフェも♪(笑)
色んな人と交流できて嬉しかったです。そして何より、しゃべり場の皆と過ごせた事が幸せでした。
わたしは必死で隠そうとしている部分もきっと解っていて、それでも素敵な仲間で居てくれている。
 本当にありがとう。  このブログを読んでくれていたら嬉しいな
こんなにいっぱい幸せが溢れた日でした。 また皆に出会えるのが楽しみだなo(^0^)o

 それと、個人的な事ですが(^^;しゃべり場の皆と別れる時に、いつも寂しいとぐずってしまってごめんなさい。
               

                   本当にいつもありがとう。



        **************************************************************************************
 
  若者たちが体験発表することには、賛否両論があります。私自身もメリット・デメリットについては、最大の神経を注いでいます。「人前でしゃべる」ことが若者にとって、プラスなのか? 参加していただいた皆さんにとってメリットになるのか? でも一つだけ云える事は、社会にひきこもりの理解をしてもらうためには、専門家や支援者では出来ない説得力があることです。
 声を上げることの大切さを感じ、私たちの役割は、しゃべってくれた若者たちが「しゃべって良かった」と思えるように支援していくことだと思っています。Kさんがブログで書いてくれているように、参加者から「良かったよ」と云っていただける声がどれだけ大きな支えになっていることか・・・。 
 ほっとねっとのみなさん・参加していた会場のみなさん・DVDを買っていただいたみなさん・参加してくれた若者たち、
 
 本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/101


2009年2月8日(日曜日)

姫路からの交流館見学

カテゴリー: - 193 @ 10時47分53秒

 

 2月7日(土)姫路から交流館「しゃべり場」見学、交流に来られました。

 中播磨地域ビジョン委員の(ひきこもり支援グループ)のメンバーと若者たちが来てくれました。篠山城跡に案内して、近くの大正ロマン館と云う、風情のある建物の食堂で昼食(すみません。ご馳走になりました)を済ませて交流館に・・・。

705

 「しゃべり場」の若者たち5名が待ち受けていてくれて、早速交流が始まりました。いつものように、交流館の1年間の主のイベントをビデオで見てもらって、簡単な自己紹介。そして、2月の講演会でフルートを演奏してくれるKさんが、その練習も兼ねて、みんなの前でフルートを演奏(拍手喝采でした)。

多くは日ごろから交流して顔なじみでもあり、打ち解けた雰囲気で時間があっと云う間に過ぎてしまいました。本当に関心を持っていられる人たちばかりなので、いっぱい質問もしてもらい、日ごろ話すことがないことも話せました。

 「井上さんの話を聞いているとなんでかホッと出来る」「交流館(居場所)の雰囲気がすごく落ち着ける」・・・。これ以上に うれしい言葉があるでしょうか。本当に遠いところからの来訪ありがとうございました。もう少し時間があって篠山の案内が出来たり、若者同士の交流の時間があったら最高だったけれど・・・。(贅沢な望みかな。)

704   700

 交流が終わった後は、夜10時までゴロっと寝たり、ゲームをしたり、久々に少人数(6名)だったので、ノンビリとすごしました。

2月8(今から)下記の講演会の打ち合わせのため、神戸オレンジの会に行きます。

 

「ほっとねっと兵庫」(参加15団体)主催の講演会 兵庫ひきこもりシンポジウム開催

 講演会の第一部は「体験者の本音トーク」で 私が一部のコーテ゜ィネーターをさせてもらいます。詳しくはチラシを見てくださいね。そして、しゃべるのは苦手だと感じている若者たちの中で、新年の初挑戦として参加して見ようとチラッとでも思えた人は連絡下さいね。出来れば兵庫県内の若者たち。

 私の感覚的には3〜5名ぐらいで、短い自己紹介と 後は一問一答形式で、出来る限り一人ひとりの負担が軽くなれるような ざっくばらんな進行を心がけようと思っています。 (あがり症の人 大歓迎")

664

 

 


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/100


2009年2月5日(木曜日)

[無題]

カテゴリー: - 193 @ 23時33分36秒

篠山は山に囲まれているせいなのか、11月頃から、朝は霧が深くて10頃まで太陽が見えない日が多くあります。

697   698

7日の交流会に間に合わせるために朝から、最後の改装工事です。少数派の喫煙者は、寒空の中でも外でタバコを吸わなくてはならないので、相談室、兼、喫煙室を拡張しました。工事前からだとすごく変わりました。手洗い場も設置。

694  695

 2月7日(土) 交流会

 姫路のビジョン委員(ひきこもり支援者)と、若者たち数名が交流館に来てくれます。

交流は13時頃から、一時間半ぐらいの予定なので、その後は「しゃべり場」の仲間だけで時間を過ごします。夕食はローソンの弁当ぐらいになるかも知れない。お好み焼きぐらいなら出来るかも?

参加できる人は、出来れば13時頃までに来て下さいね。

 

「ほっとねっと兵庫」(参加15団体)主催の講演会 兵庫ひきこもりシンポジウム開催

 講演会の第一部は「体験者の本音トーク」で 私が一部のコーテ゜ィネーターをさせてもらいます。詳しくはチラシを見てくださいね。そして、しゃべるのは苦手だと感じている若者たちの中で、新年の初挑戦として参加して見ようとチラッとでも思えた人は連絡下さいね。出来れば兵庫県内の若者たち。

 私の感覚的には3〜5名ぐらいで、短い自己紹介と 後は一問一答形式で、出来る限り一人ひとりの負担が軽くなれるような ざっくばらんな進行を心がけようと思っています。 (あがり症の人 大歓迎")

699

 

 

 


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/99


2009年2月3日(火曜日)

交流会のお知らせ

カテゴリー: - 193 @ 21時35分19秒

 2月7日(土) 交流会

 姫路のビジョン委員(ひきこもり支援者)と、若者たち数名が交流館に来てくれます。

交流は13時頃から、一時間半ぐらいの予定なので、その後は「しゃべり場」の仲間だけで時間を過ごします。夕食はローソンの弁当ぐらいになるかも知れない。お好み焼きぐらいなら出来るかも?

参加できる人は、出来れば13時頃までに来て下さいね。

写真は昨年の12月 姫路での交流会

693

「ほっとねっと兵庫」(参加15団体)主催の講演会 兵庫ひきこもりシンポジウム開催

 講演会の第一部は「体験者の本音トーク」で 私が一部のコーテ゜ィネーターをさせてもらいます。詳しくはチラシを見てくださいね。そして、しゃべるのは苦手だと感じている若者たちの中で、新年の初挑戦として参加して見ようとチラッとでも思えた人は連絡下さいね。出来れば兵庫県内の若者たち。

 私の感覚的には3〜5名ぐらいで、短い自己紹介と 後は一問一答形式で、出来る限り一人ひとりの負担が軽くなれるような ざっくばらんな進行を心がけようと思っています。 (あがり症の人 大歓迎")

664

 

 


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/98


33 queries. 0.083 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress