丹波篠山にある若者の交流の場
交流館「しゃべり場」に お話しに 来ませんか?  
メインメニュー
最近の日々あれこれ
最近のコメント
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
月別過去ログ
カレンダー
2009年 9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

2009年9月28日(月曜日)

旅の後半

カテゴリー: - 193 @ 22時08分38秒

  9月25日(金)  旅の後半

 Yくんの本来の目的のために、 今日もう一日 石鎚山の中腹に出かけることになっていたので、Yくんを送った後、Nくんと近くの渓谷で過ごしたり、アケビ採り、栗拾いと篠山にいる時と同じようなノンビリとした時間を過ごしました。

05   04

06   012

周りは1.000mを超える山々に囲まれ、川の中の岩は水流で削られ、あまり見たことのない景観に感動しながら二人にとっては旅の疲れをとる休暇日となったが、Yくんは昨日の疲れが残ったままの再挑戦なので、足腰はボロボロ、精魂尽き果てた感じ・・・。  「気合と根性」があれば不可能が可能になる。(彼の言葉)

07   08

こちらは暇なので、岩の紋様を見て、いろいろ想像して写真撮影。結構楽しめました。

0201003

09   011

 5時半に現地を出発して7時にホテルにつき、またまた「すき家」に直行。とりあえず心配していた体調と気力は維持している。誰かがしんどくなれば大変だから、今日は早く寝ることに・・・。

 

9月26日最終日

関西以西で標高NO2の「剣山」1955mを目指す。

 今日は強行軍です。朝食(ホテルのバイキング)を済ませ、新居浜から高速道路「松山道」「高知道」「徳島道」を乗り継ぎ、美馬のインターを降りて剣山を目指す。渓谷沿いの道路から、九十九折の山道をひたすら走り続ける。対向車が来るたびに止まり、約3時間走って剣山の麓に到着。(11時40分)

Yくんを別の山に下ろして、Nくんと山頂を目指す。

1   4

3  2

山頂まで特に危険な箇所もなく、1時間40分で到着。一昨日の石鎚山と違って、なだらかな曲線。

5   00

さすがに2.000m級の山は息切れも激しく、空気の薄さを実感する。ポテトチップがパンパンに膨れているのを見て、思わず「写真を撮らせて下さい」と頼みパチリ。のどかな光景にノンビリとしたいが、気温は平地よりも10度以上低く、多分山頂は15度前後であろう。立ち止まると「寒い寒い」。

6   7

9   10

 Yくんが約束の時間に下山せず、少し焦ったけれど目的達成のための情熱に感心。とにかく4日間が大きなアクシデントもなく、終わろうとしている。 後は車での移動だけだが、これがまた大変。山道を一時間半ほどかけて下山して美馬のインターから高速で徳島→淡路島→神戸→三田→篠山→西脇 全行程1,000kmの旅

 淡路島のSCで晩御飯。3人が偶然に同じメニュー「鯛塩ラーメン680円」4日間で一番高い食事だ。そして、篠山についたのが10時過ぎでした。本当にきつい日程の中で体調不良もなく、無事に生還できたのでバンザ〜イ。

今回はYくんの希望なので、費用の面で大変お世話になりました。  行けてよかった〜:eek:

 


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/160


2009年9月27日(日曜日)

珍道中の始まり

カテゴリー: - 193 @ 23時14分33秒

 

9月23日〜26日 三泊四日、1.000kmの旅

前回の記事にも書いたように、ひょんな切っかけから四国行きが決まり不安を抱えながら計画が進んでいく・・・。

そのハプニングが、とんでもないことから始まった。出発の前日の夜、Yくんから困惑したような声の電話がかかって来た。 こちらの勘違いから予約をしていたホテルが石川県のホテルだったことに気がつく。

 「えらいこっちゃ 8-O

 「今からキャンセルが可能か?」 「キャンセル料がかかるのか?」 「明日の朝の出発予定はどうなるのか?」「新しくホテルが見つかるのか?」 当然のことながら不安と焦りが伝わってくる。 私の日ごろの口癖、「何とかなると思えば、何とかなるよ」を実証しなければならない。勘違いの責任は私にある。不安を隠しながら、「まかしとけ」と電話を切ってホテルと交渉をする。

「何とかなった :-P 

 とにかく貧乏旅行だから、余分の金は使えない。ホテルの係りの人に泣きついて、なんとかキャンセル料0円で交渉は成立。そして、明日から3泊のホテル探し、パソコンを見ながら情報を調べると、一件だけ新浜のホテルで「一泊朝食付き2,650円」を見つけて早速電話をして事情を説明、とりあえず予約にこぎつけた。(夜10時)

 

 23日は移動のみなので、篠山を12時頃に出発。波乱含みの旅が始まった。◎睡眠時間がそれぞれ違う。◎行く目的がそれぞれ違う。◎他人と24時間、四日間も一緒に過ごす。◎3人共に睡眠に不安を抱えている。etc・・・

1   2

ビジネスホテルの部屋。Wベッドと入り口付近にサイドベッド、そして、2段ベッド。このバラバラのベッドが、横並びのベッドよりも、隣を意識しないで寝やすくしてくれて3連泊を可能にしてくれたような気がする。

3   4

2日目、一時間半の移動で西日本最高峰の石鎚山(1,982m)を目指す。

5   6

 霊峰、修行の山なので、随所に垂直にも思えるクサリ場があり、Nくんと話し合いながら挑戦をする。(回り道もあります)一番長いクサリは72m(こわ〜い) あっちこっちで修験者の吹くホラ貝の音を聞きながら往復6時間半を歩き続けた。

7   10

 

8  12

 9   11

 14   01

 一年のほとんどはガスに包まれている山頂。今日も下山するほとんどの人たちは姿を見ることが出来なかったと話されていたのに、10分ほどの写真を撮る時間だけ奇跡的に姿を見せてくれました。

16   17

ガスがなければ、このように↓  れたはず・・・。

0

  山は不思議な力があり、人と人とがすぐに親しくなれる。今回も多くの人たちと言葉を交わし、共に歩いた。その中で一組の40才前後の夫婦と出会い、奥さんが足の捻挫で立ち往生されている。万が一のために私が用意していたガムテープでテーピングして下山されたが、最終5時のロープウエイに間に合わない。NくんYくんの二人が先に降りてロープウエイの係員と交渉してくれた。携帯に連絡が入る。→(別仕立てをするから慌てないでね。)

私は奥さんを励ましながら夫婦と一緒に下山する。今でも、ご主人の慌てた姿と奥さんの笑顔が残っている。

そして、今晩も牛丼チェーン「すき家」で晩御飯(一食500円以下が目標)

2日で450kmの運転と、リュックの重みで体は悲鳴を上げているが、心地よい疲れとはこのことかな・・・。

  013

   

 


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/159


2009年9月22日(火曜日)

5連休

カテゴリー: - 193 @ 20時42分39秒

   9月19日〜23日

 こちらから大阪に行く予定が、5連休に合わせて 大阪から息子夫婦と孫が久々に帰ってきて、うちのお母さんは大ハッスルです。19日の夜到着。2日目は、近くの藤岡ダム公園バーベQをして散策。孫は石投げに夢中になって帰ろうとしない。篠山の田舎にすっかりはまってしまった見たいです。

3   1

3日目は車で30分の遊園地「オモチャ王国」に出かけ、大好きなシンケンジャーショーに見入っていました。何故か?じいちゃん子のアツキ(3才)は、片時も私から離れない。3日間軟禁状態で引っ付きっぱなしです。

9   8

お昼ごはんの後の一休み。

6   7

さすがにすごい混雑で、乗り物に乗るのもほとんどは1時間は並びました。6時の閉園まで遊びまくり。

5個の乗り物も全部、じいじいと一緒と云って、パパとママはカメラマンです。

21   22

5   10

4日目は家でリラックス。隣の空き地で大きなシャボン玉とんぼで遊びました。

01  02

夜は小雨が降り、家の軒下で花火です。

04   05

疲れた〜。   明日23日に、孫たちは大阪に帰ります。

 そして私は、23日からNくんとYくんと一緒に四国に3泊4日の旅に出ます。もちろん3人揃っては初めての体験です。3人とも睡眠に不安を抱えていて、4日間の強行スケジュールに、精神的にも肉体的にもスタミナが持つだろうか?せっかくの機会なので思い切り楽しんでくれたら良いのですが・・・。

交流館を4日間も留守にするのは少し不安だけれど、行ってきま〜す。

 


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/158


2009年9月16日(水曜日)

人生いろいろ

カテゴリー: - 193 @ 22時06分43秒

 9月16日(水曜日)

 この活動していると、若者たちの様々な悩みや問題にも突き当たります。最近少しかさなって 引きずらないよう心がけていても、当然ながら気にもなるし、気にしていないつもりでも 夢に登場して ここのところ睡眠がうまくとれないでいる。そして、もう一つ どう云う訳か? いろいろあって? 23日から四国に三泊四日でNくん・Yくんと行くことになり、石鎚山(1982m)と、剣山(1955m)に登ることになった。(一泊朝食付き2400円のホテル泊)

 Nくんも私も、足腰とスタミナに不安があって、今日は足慣らしを兼ねて近くの弥十郎ケ嶽に出かけました。

12  11

07  08

09   13

 発見”

途中でアケビ発見。毎年採りに行くのに、今年はすっかり忘れていた。(多分30〜40個は見つけた)

0203

上の写真はいつもの紫色のゴヨウアケビだと思うのだけれど、下のアケビは皮が真っ白で初めての発見だ。帰ってパソコンで調べた結果、白花ゴヨウアケビらしい? 珍しいので10個ほど家に持ち帰って来た。

0504

 

 遭遇”

 山登りも人生と一緒かな? うれしいことも、ドキドキすることも、恐いこともいろいろ起きる。「何が起きても、それを楽しんじゃえ”」。 今日は、登山口の川で鹿の解体を見る(写真は刺激的なのでカット)。そして、蛇やマムシに出会い、突然、鹿が前を横切る。いつもの事ながら下山はルートにないところから下る。途中滝に阻まれ、やっとの思いで下山して、林道でスズメバチの巣を発見。恐る恐る近づくとスズメ蜂がブンブン飛び回っている。写真を2〜3枚撮って慌てて退散する。

10   14

 山登りも 目的地に到着するまでには、いくつも谷を超え、遠回りをしたり、アップダウンを繰り返します。危険があっても、もう嫌だと思っても 休みながら前に進みます。山すそは 風もなく蒸し風呂状態です。前に進んでいる実感もない。でも、続けていると美しい花に出会ったり、最高の景色が見られたり、一休みが楽しかったり、きっと良いことにも出会えます。  「あせらず・あわてず・あきらめず」よく聞く言葉ですが、当たっているのかも…。

明日はトークトークの親の会に行ってきます。


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/156


2009年9月11日(金曜日)

復活

カテゴリー: - 193 @ 08時01分01秒

 

 「しゃべり場」のイベントの中でも、もっとも手間と時間を掛け、力の入っているイベントがお蔭様で無事にすみました。終わった安堵感と脱力感なのか、次の日から胃腸風邪の症状が続き、最低限のやることだけをやって、2〜3日はゴロゴロしていました。

 

 このままでは・・・。前回と同様に荒療法で、「よっし、山に行くぞ」 体がだるいと思いながら久々の山登りです。

7   6

沢には「ギボシ?」の可愛い花が咲いて出迎えてくれて、チョッと一休み。

1   2

 山道のあっちこっちに、小さな小さな山の栗が落ちている、もう秋なんだ・・・。そして、今年から始めたクワガタ採取に。「この時期もいるよ」、Yくんに教えられて、今までに見つけておいた樹液の出ている木を見て回ると、なんとなんと、合計40匹ほどのクワガタを見つけた。そのうち15匹ほどを持ち帰る。

久々の山登りに足腰は悲鳴をあげているが、気分は爽快 「風邪は治ったかな…?」

3   8

9月10日

今日はNくんも来て、のんびりと昼寝をしながら「交流館のアイドル」と過ごす。  可愛いよ。

5   4

今が一番いい季節です。イベントでなくても、遊びに来てね。(電話で確かめてから)


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/155


2009年9月5日(土曜日)

花火終わったよ。

カテゴリー: - 193 @ 20時48分44秒

 花火大会 

  それこそ、ハプニングやいろいろな事が重なって、準備が遅れてしまい、Wくんのお父さんや男性陣が総出で頑張ってくれたけれど、灯篭を浮かべるだけに多くの時間をかけてしまい、肝心な花火を予定通りに打ち上げる事が出来ませんでした。「失敗は成功の元」 来年こそは・・・(毎年のセリフです)

それでも、観客(お母さんたち)が盛り上がってくれて、なんとか無事に終わりました。

1104

 うれしいニュースは、最近少しご無沙汰をしていた2人が久しぶりに参加してくれました。(また参加してね)そして、お母さん方や、ビジョン委員会のメンバーにも協力してもらって、最後は「良かった」「良かった」で解散することが出来ました。

 

花火大会には、個人的な思い入れが強く、交流館活動は「感動」「ハプニング」「共感」をテーマにしていて、花火大会にはすべての要素が含まれているのでイベントの中でも気合が入っています。

05

灯篭のローソクが残り少なくなった時点で突然噴火するようにセットしてあります。(全部で9基)

0806

3512

   ヌア

0731

0103

でも、天気だけは見方をしてくれて、雨降らず20連勝継続中。花火大会の準備に約2週間ほどかけ、川や土手の草刈まで一緒にしてくれたOOくんは参加できなくて残念。来年こそは・・・

(私は花火の点火係なので、撮影はSくん頼りでした。もっともっと紹介したい写真がいっぱいあります。)

 


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/154


29 queries. 0.057 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress