丹波篠山にある若者の交流の場
交流館「しゃべり場」に お話しに 来ませんか?  
メインメニュー
最近の日々あれこれ
最近のコメント
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
月別過去ログ
カレンダー
2010年 8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

2010年8月31日(火曜日)

秋(暑季)

カテゴリー: - 一休 @ 22時04分17秒

明日から9月、季節的にはですが・・・

稲刈りも始まって秋なのに、連日35度以上のこの暑さ。地球はどうなっているの?

01  9

 篠山市役所の有志のみなさんと一緒の「篠山名産の枝豆作り」の作業も、忙しくてあまり行けなかったけれど、2〜3日だけ、夕方から暗くなるまで手伝いに行きました。草引きなど大変な作業です。

03  02

 

「大人と子供の遊び場」計画。敷地情報・・・

 今年の一月に若者たちと、草刈、竹切り、笹刈などが始まり、ジャングルのようだった土地の全容が見えてきました。

21  12  22

 

 そこは、産業廃棄物と家庭から持ち込まれた不法投棄の山でした。家庭ゴミは電化製品、自転車から毛布に至るまで、何でもあります。金庫も捨ててあって、もしかしたら?? と中をこじ開けても中は空っぽ。 ゴミは車何台分が持込まれたのか? 最悪の状態でした。人力ではどうにもならない・・・。

 24 25 23

 お盆過ぎから業者さんが入ってくれた。せっかく草刈をした土地もしばらく放置していたら、またまた背丈ほどの草に覆われてしまいました。(イベント用の一部分だけは手入れをしていました)3台の草刈機で2日間頑張り、

26  1

 3日目から土地の整地作業です。燃えるもの(草・竹・木)は燃やし、コンクリー片や瓦は埋め込み、プラスチック類は市の焼却場に持ち込む。(時々来てNくんも草刈や竹切りを頑張りました)

6 3 2 

 早い時は、朝6時ころには現場につき作業開始です。ほとんど昼休みもなし5時過ぎまで猛暑のなかで作業が続きます。(私は用事を理由に中抜けをしてズル休み) 10日間ほど、土方作業で熱中症寸前だった時は、差し入れの「熱中症応援ドリンク」を飲んで乗り切りました。

4  7

 

 当初の予定より3〜4日余分に時間がかかって、地主さんの予算オーバーで、まだ90%の仕上がりです。

10  11

 

 暑い中を共に働き戦友のように仲良くなり、昔話に話が咲き、この敷地の成功を自分のことのように楽しみにしてもらえました。ちなみに親分?(右側)74歳で先頭にたって陣頭指揮をとり、次は67歳(今日はお休み)で、私も67歳、そして唯一の若手(左側)の人が60歳の熟年パワーです。これからも、実行部隊長として出来ることは応援すると言ってもらい、強い見方が増え、おまけに私の70歳の現役引退予測も先延ばし出来そうな気持ちにさせて頂きました。(まだまだ若造やから大丈夫)そんな勢いです。私以外の三人とも九州男児の心意気を感じました。

8

 最後の日、昼ごはんにと最年長のKさんに「タラコおにぎり」を作って持ってきてもらいました。涙があふれる程の美味しさは、今でも感覚として残っています。いよいよこれからは、若者たちの出番です。

  先日若者たちの自主活動グループの結成が決まり、グループ名も30から40ほどアイディアを出し合って、ほぼ決定だろうな〜と思える素晴らしい名前がつきそうです。そして、多くのみなさんに応援をお願いするスケジュールも思案中です。その時は「出来る応援」をお願いいたします。

 


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/228


2010年8月23日(月曜日)

学び&遊び

カテゴリー: - 一休 @ 21時11分09秒

8月22日(日) ビジョン委員会のイベント・・・第二弾

しゃべり場の若者たちも、ビジョン委員会のメンバーとして、不登校・ひきこもりの支援活動に参加しています。

 第二弾は「丹波遊悠の森」で学びと遊びの会「TERAKOYAを開催しました。氷上の「子育て親の会」など、多数の個人や団体などの支援と呼びかけがあって、なんと、なんと、50名近い参加者がありました。

25 24

28 13

 午前中は学びを中心に、学校の勉強やら、新聞紙を使ってフラワー教室、手作りの楽器作り、ギター教室など、多彩な先生陣にご協力をいただいて、子供たちは真剣に取り組んでいました。スペイン語の勉強もあったよ。

7  9 27 

8    1 26

その間、女性陣を中心としてお昼ごはんの準備に大忙し。私は朝から遊びの子供たちと遊びっぱなし。

2 11 10

  お昼だよ〜。  キャンプ広場に集まって、賑やかな昼食です。「おにぎりとサンドイッチ」、50人分の用意を本当にご苦労様でした。(残念ながら、私は昼の食事時間だけ外に出かけていました)

   12 22 23

 子供たちは、休むまもなく遊びに夢中です。しゃべり場の若者たちや、大学のお兄さんたちなどを相手に、サッカーや野球、パターゴルフなど、順番で喧嘩腰になりながら楽しい一日を過ごしました。

  01   02   

03   04

  

 3時頃から「おやつタイム」 用意してもらったのは「お団子、スイカ、バナナ、かき氷」などの豪華版。かき氷は順番待ちの大人気です。私は昼ごはんを食べそこねたので、お団子をお腹いっぱい頂きました。

05 06 31

 

 それと同時に、外は集中豪雨のような大雨。野外活動が終わるのを待っていてくれたのかな?  楽しい時間はあっという間に終わって3時30分に解散しました。

09   08

 多くの協力者のみなさんのお陰で、予想外の多くの人に参加してもらい、日々の横のつながりの大切さを実感した一日でした。準備のみなさん本当にお疲れ様でした。子供たちにとって「楽しい思い出」になったことでしょう。


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/227


2010年8月17日(火曜日)

お盆

カテゴリー: - 一休 @ 20時16分56秒

8月14日強行軍

今日はお墓参りのため、嫁の里と自分の故郷、そして、弟宅を訪ねます。篠山を10時ころ出発して、一路舞鶴に・・・。嫁の実家の墓参り(ずっと子供の面倒を見てくれたお母さんが眠っている墓)をすませ、海岸線を走りながら京丹後市(自分の実家)まで、約1時間のつもりが、事故渋滞に巻き込まれて到着したのが2時を過ぎてしまった。写真のような山間の過疎地で子供の頃は30軒以上あった集落は現在7軒になってしまった。完全な限界集落です。

 実家で一休みをして、次に京都府の最北端の久美浜の弟宅を目指し夕刻の5時に到着。結婚当時から、ずっと一緒に生活していたような関係だから、気兼ねもなく、夕食をご馳走になりながら昔話に歯止めがかかりません。そろそろ帰りにしょうか?と口にしたのが11時でした。農業もやっているので農作物のお土産を車に満載して帰路につきました。篠山までこれから2時間半です。(くたびれた一日。充実した一日)

19 18

 

 

16日・・・「篠山デカンショ祭」

 イベントではなく、たまたま娘が仕事の休みがとれたので、前日にみんなに声かけをして急遽集まりました。浴衣の着付け?があるので、自宅に集まり、嫁に手伝ってもらって一年ぶりの浴衣姿です。(女性は少し娘らしくなったかな?) 

3  1

 久々の子供たちも参加してくれて12名の大集団。時間に余裕が有ったので、車3台に分乗して近くショッピングセンターに行き、プリクラを撮ったり、ゲームセンターで少し遊んでから会場に出発。

4  2

 

 2日間の祭りで約8万人(篠山市の人口四万六千人)が訪れたそうです。篠山城跡の広場には大きな櫓を組み、様々な団体が2日間に渡って「デカンショ節」を踊り続けます。

7  8

8時30分を合図に花火が始まり、しばらく足を止めて花火見物。(いつもながら花火の写真は難しい)

 6 10  01

  バラバラに別れてしまったら、もう見つけることは不可能です。9時30分に〆の花火がもう一度上がるので、それを合図に集まる場所を決めて、散り散りバラバラに出店に向かう。200店舗の出店だそうです。

03 9 14

 写真を撮りたいので、私は一人で単独行動です。夜店って独特の雰囲気があって大好きです。何故かわからないけれど、「懐かしい」そんな気持ちになるのは私だけ・・・?

11 12 02

 日頃人ごみの中を苦手としている若者たちも、仲間と一緒だから、疲れながらもそれなりに楽しい思い出になったようです。なにより、久々に来てくれた顔が見られて良かった。


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/226


2010年8月9日(月曜日)

猛暑

カテゴリー: - 193 @ 22時14分27秒

8月6日 豊岡市の保健所と若者サポートステーション合同の「家族会」

 依頼を頂いて、若者4名と共に行って来ました。豊岡に着き、ローソンに立ち寄るために下車したら篠山では考えられない異常な暑さ(38度を超えていたらしい)でした。前半少しだけ話しをさせていただいて、後半は若者たちも交えての質疑応答を中心に進んでいきました。豊岡からも若者たちが参加してくれて、大勢の中で話しもしてくれ、車で走った距離は遠いけれど、すごく距離感が縮んだような有意義な一日でした。お世話になりました。

00 0

 

 

8月8日(日) ビジョン委員会のイベント

  不登校・ひきこもり支援のグループ(青少年グループ)が呼びかけをして、いつもの敷地で「竹でご飯を炊く」イベントをしました。参加人数は「子どもや若者たち10名と大人10名」ぐらいが参加してくれて、想像以上の楽しいイベントとなりました。

11

  前日にNくんが、約20個分の青竹を細かく切ってくれて、当日に「箸ご飯の容器」も作り、ご飯炊きに挑戦しました。米も水加減も頼るのは「お母さんたちの感だけ?」です。

01 4 5

 

 4個のバーベQコンロを使って、差し入れのピーマン・ナス・やトウモロコシ・ウインナーなども焼き、鍋では「特性の豚汁」の豪華版でした。みんなが積極的に手伝って昼ご飯の完成。

06 7

 

 はたして出来栄えは・・・? 炊き込みご飯と豚汁最高 普通の白ご飯が少し固めだったけれど、みんなで「ワイワイ」 云いながら食べると本当においしい。(取材の新聞記者さんにも食べてもらいました)

10 05

 食後も休むことなく、「的当て・ゴルフ・キャッチボール・滑り台・ブランコ」など、飽きることなく遊んでいました。

(自分も遊びすぎて、写真を撮るのを忘れてしまった。もっともっと楽しそうなシーンがあったのに・・・)

2 9 

4 3

 初めて参加してくれた人たちも、本当に違和感なく打ち解けて楽しい半日が終わりました。自然の中って人と人を結び付けてくれる、不思議な魔力があるようです。


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/225


2010年8月3日(火曜日)

青い海

カテゴリー: - 193 @ 22時57分48秒

8月2日…福井県高浜での海水浴&魚釣り花火

 一年間で若者たちが一番楽しみにしている「海」 そしていつも何かが起こる「海」。 今年は男性人も楽しみにしていた美女2人が、突然の事情があって参加できず寂しい海行きとなりました。

真夏の砂浜は人で込み合っているはずなのに、このビーチはごらんの通り。右も左も人がいません?舞鶴自動車道は高速料金が無料になったのに・・・。まさに貸切状態です。(篠山から1時間30分・シャワーもトイレも宿泊施設・売店もあります)

3 4

 海水は、まさにお風呂状態の暖かさで浜辺に近いところは「お湯」みたいだったよ。過去最高記録、4時間の間海の中でした。(恒例のビーチバレー)

1 0

6 5 79 10 8

 

海の中なら大丈夫と思って、思い切って「お姫様ダッコ」

11 12

 

 4時過ぎに海からあがり休憩タイム。浜辺にも女性がいないので、それならばっと二人組みは考えた(その中の一人は私) よっし、砂で作ろう・・・。約一時間をかけて作った力作?です。

13 17 14

 

 そんな「ばか者」を相手にしていられないと、他の若者たちは魚釣りです。釣果はキスが約15匹とチャリコ・コチ・カニなど、それなりに楽しめた様子。

16 15

 

 7時過ぎから、段々と暗くなり、釣り糸も見えなくなってきた。本当は来るはずだった女性の休憩用のテントに、ランタンの明かりをつけておしゃべりタイム。(この時間帯から蚊の一斉攻撃で慌てて蚊取り線香をつける)

18 19

 

 8時頃から少しだけ用意をしてきた「花火」を楽しみました。

2220

2123

 

 「さあ」帰ろか?」 暗い中をみんなで片付けをして車に・・・。家に帰ったのは10時半でした。多分若者たちは、「背中や顔が日に焼けて」今日(3日)は痛いだろうな〜。


TrackBack URL : http://193.3web.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/224


28 queries. 0.058 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress